Icon--AD-black-48x48Icon--address-consumer-data-black-48x48Icon--appointment-black-48x48Icon--back-left-black-48x48Icon--calendar-black-48x48Icon--Checkbox-checkIcon--clock-black-48x48Icon--close-black-48x48Icon--compare-black-48x48Icon--confirmation-black-48x48Icon--dealer-details-black-48x48Icon--delete-black-48x48Icon--delivery-black-48x48Icon--down-black-48x48Icon--download-black-48x48Ic-OverlayAlertIcon--externallink-black-48x48Icon-Filledforward-right_adjustedIcon--grid-view-black-48x48Icon--info-i-black-48x48Icon--Less-minimize-black-48x48Icon-FilledIcon--List-Check-blackIcon--List-Cross-blackIcon--list-view-mobile-black-48x48Icon--list-view-black-48x48Icon--More-Maximize-black-48x48Icon--my-product-black-48x48Icon--newsletter-black-48x48Icon--payment-black-48x48Icon--print-black-48x48Icon--promotion-black-48x48Icon--registration-black-48x48Icon--Reset-black-48x48share-circle1Icon--share-black-48x48Icon--shopping-cart-black-48x48Icon--start-play-black-48x48Icon--store-locator-black-48x48Ic-OverlayAlertIcon--summary-black-48x48tumblrIcon-FilledvineIc-OverlayAlertwhishlist

日本のボッシュ・グループ

沿革

再建
1946-1959

読了時間: 10分

第二次世界大戦が終わり、ボッシュは、改めて世界の施設を失いました。生産施設の大部分は廃墟となってしまいました。続く20年は再建に充てられましたが、新しい事業分野にも進出しました。

建物で工事する職人の画像。

手押し車とシャベル — ボッシュの再建

1945年までに、ドイツのボッシュ工場施設の50%以上が連合国の空爆によって破壊されました。戦時中、軍事車両の主要提供者として活動していたボッシュは、戦略的な目標にされたのです。ボッシュは、これを片付けて、工場を建て、社員の仕事を作る必要がありました。

破壊の一部は、終戦後長い間、確認することができた。シュトゥットガルトの最初のボッシュ工場の塔が大きなダメージを受けている (1945年)
破壊の一部は、終戦後長い間、確認することができた。シュトゥットガルトの最初のボッシュ工場の塔が大きなダメージを受けている (1945年)
終戦から一年後、壊滅したシュトゥットガルトの工場施設には、はっきりと再建の様子を見て取ることができる。(1946年)
終戦から一年後、壊滅したシュトゥットガルトの工場施設には、はっきりと再建の様子を見て取ることができる。(1946年)
バンベルク工場でのスパークプラグの品質管理 (1950年)。1902年にボッシュによって初めて製造された伝統のこの製品は、1945年以後の業績回復を支えることとなった。
バンベルク工場でのスパークプラグの品質管理 (1950年)。1902年にボッシュによって初めて製造された伝統のこの製品は、1945年以後の業績回復を支えることとなった。
フォイエルバッハ工場のロビーでディーゼル燃料噴射ポンプの100万個製造を祝う (1950年)。この優れた製品がここで初めて生産されたのは1927年だった。
フォイエルバッハ工場のロビーでディーゼル燃料噴射ポンプの100万個製造を祝う (1950年)。この優れた製品がここで初めて生産されたのは1927年だった。

スパークプラグと片手鍋 —
戦後の世界を生き抜く

社員を雇用し直して賃金を支払うため、ボッシュでは、工場の廃墟で鉄製ヘルメット、手押し車、傘から料理鍋まで製造して、改めて前進を開始しました。社員は、これらの器具を自分で使用することもできましたし、その他の必需品と交換することも可能でした。最初の複雑な製品になったのは、連合国の軍用車両用スパークプラグでした。

1949年にここで生産開始した方向指示インジケーターは、まったく新しい製品だった。1927年にボッシュが生産開始した車両用方向指示器は、この製品に切り替えられることになった。(1950年)
1949年にここで生産開始した方向指示インジケーターは、まったく新しい製品だった。1927年にボッシュが生産開始した車両用方向指示器は、この製品に切り替えられることになった。(1950年)
終戦後、ボッシュは、研究開発とこれにより生み出される製品イノベーションという従来からの強みに改めて注力した。ボッシュの研究者は、独自の材料研究のために、1948年に電子顕微鏡の開発を開始した。(1950年)
終戦後、ボッシュは、研究開発とこれにより生み出される製品イノベーションという従来からの強みに改めて注力した。ボッシュの研究者は、独自の材料研究のために、1948年に電子顕微鏡の開発を開始した。(1950年)
品質は、常にボッシュの主要基準であった。このため、無作為検査が必須となっていた (写真はホーン製造)。(1950年)
品質は、常にボッシュの主要基準であった。このため、無作為検査が必須となっていた (写真はホーン製造)。(1950年)

ロバート・ボッシュの遺言執行と
取締役会会長

ロバート・ボッシュは1942年に亡くなりました。ボッシュの財産の管理者は、1945年以降、ボッシュの遺志と遺言に従って会社を再建しました。目標は収益を上げることでしたが、慈善活動に利益の一部を回すことも含まれていました。1963年まで、ハンス・ワルツが創業者の後を継いで会社を運営しました。

1942年に亡くなる4年前に書かれた遺言の中で、ロバート・ボッシュは、会社のさらなる「強力な」進化を求めていた。彼は特定のコースを定めてはいなかったが、執行人の作業を支援したり、会社を管理したり (写真) できるポイントを挙げていた。(1954年)
1942年に亡くなる4年前に書かれた遺言の中で、ロバート・ボッシュは、会社のさらなる「強力な」進化を求めていた。彼は特定のコースを定めてはいなかったが、執行人の作業を支援したり、会社を管理したり (写真) できるポイントを挙げていた。(1954年)
ハンス・ワルツが、ロバート・ボッシュの後を継いで会社を率いた (1953年)。
ハンス・ワルツが、ロバート・ボッシュの後を継いで会社を率いた (1953年)。

解体手続 — すべてが失われる恐怖

ナチスの世界的な権力への欲求は、強力な経済企業の支援を受けなければ達成できませんでした。このため、連合国は、ボッシュを含むドイツの巨大企業の解体を求めたのです。しかし、ボッシュは有機的に成長しており、個々の部分は単独で生き延びることはできません。最終的に、ボッシュ社はほぼ無傷で残されました。ただし、その特許は、競合他社が利用できるようにすべて公開されることになりました。

1950年代、モーターレースがボッシュの事業再建に貢献した。その起源は、1937年に立ち上げられたメンテナンス作業とスペアパーツの取付を担当する「レースサービス」事業であった。過酷な条件でも正しく機能することが理解され、ボッシュの技術の信頼性と耐久性に関する優れた広告効果を生み出した。
1950年代、モーターレースがボッシュの事業再建に貢献した。その起源は、1937年に立ち上げられたメンテナンス作業とスペアパーツの取付を担当する「レースサービス」事業であった。過酷な条件でも正しく機能することが理解され、ボッシュの技術の信頼性と耐久性に関する優れた広告効果を生み出した。
シュトゥットガルトのブライトシャイト通りにあるボッシュの本社から、毎晩灯りが途絶えることはなかった (1951年)。ここで、ボッシュ社の将来の解体について議論が、ボッシュのマネージャーと連合国の担当者によって激しく行われた。
シュトゥットガルトのブライトシャイト通りにあるボッシュの本社から、毎晩灯りが途絶えることはなかった (1951年)。ここで、ボッシュ社の将来の解体について議論が、ボッシュのマネージャーと連合国の担当者によって激しく行われた。
模式化した地球と世界の有名な首都の名所の画像。

全世界生産 —
グローバル企業への新たな旅立ち

ヒトラーが権力を握る前、ボッシュの売上の50%以上は国際的な事業からもたらされていました。しかし、1945年以降はほぼゼロになり、ボッシュの世界での資産は没収されることになりました。長期的なパートナーとの良好な関係性と、ブラジルやインドなどの国における成長の速い新興市場のおかげで、グローバルネットワークが徐々に構築されていきました。それでも、世界での売上がボッシュの20%を改めて超えるのに1960年までかかりました。

1950年代、生産はまだ主にドイツ国内で行われていた。全世界に輸出を行うには、優れた輸送ロジスティクスが必要だった。この搬送コンベヤーシステムは当時の最新技術であった。(1951年)
1950年代、生産はまだ主にドイツ国内で行われていた。全世界に輸出を行うには、優れた輸送ロジスティクスが必要だった。この搬送コンベヤーシステムは当時の最新技術であった。(1951年)
1950年代には、全世界での製造施設の開設が始められた。メルボルン近くのクレイトンの拠点では、オーストラリアの自動車産業に対する点火システム、ワイパーシステム、クラクション、ジェネレーター、スターター、照明などのエレクトロニクスが生産された。(1960年)
1950年代には、全世界での製造施設の開設が始められた。メルボルン近くのクレイトンの拠点では、オーストラリアの自動車産業に対する点火システム、ワイパーシステム、クラクション、ジェネレーター、スターター、照明などのエレクトロニクスが生産された。(1960年)
シュトゥットガルトの車両置き場のボッシュの研究車両に、全世界で使用される様々なヘッドライトやクラクションが搭載されている。路上で試験走行を行うための装備である。(1954年)
シュトゥットガルトの車両置き場のボッシュの研究車両に、全世界で使用される様々なヘッドライトやクラクションが搭載されている。路上で試験走行を行うための装備である。(1954年)

完璧なエレガンス —
消費者向けテクノロジー

1950年代の初めに、ボッシュは、ドイツやヨーロッパ経済の奇跡を反映し、辛い時期を終えようとしている消費者の需要に応える製品を発売しました。例えば、台所用品やDIY用の電動ドリルなどが発売されました。自動車用ラジオなどの主要製品も数百万個販売されました。

洗濯機も1950年代に発売されている。写真は1958年からのカタログの表紙。
洗濯機も1950年代に発売されている。写真は1958年からのカタログの表紙。
ボッシュでは、1933年にすでに最初の冷蔵庫を発売しているが、戦後、時間とコストを節約できる大量生産が開始されて初めて、本当に手頃な価格が実現された。(1958年)
ボッシュでは、1933年にすでに最初の冷蔵庫を発売しているが、戦後、時間とコストを節約できる大量生産が開始されて初めて、本当に手頃な価格が実現された。(1958年)

ボッシュの台所用品

シュトゥットガルトの販売店でのフードプロセッサー販売 (1962年)

キッチンでの
新時代の幕開け

ボッシュのフードプロセッサーは、発売時、主に2つの名前で呼ばれていました。このモデルの名前は新時代を意味する「Neuzeit」でしたが、「女性支援ツール」として伝えられました。都市部のお客様には、家事を楽にしてくれる新時代、最新の家電技術がもたらされました。

郊外のご家庭では、この器具によって大量の食材の処理がどの程度簡単になるのかという点に関心がありました。多くの子供を抱える大家族が一般的だったこともありますが、後で使えるように、収穫した果物や野菜を素早く処理して保存する必要があったからというのも理由の一つでした。例えば、農産物の一部冷凍や、ジャムを作っての保存などが必要だったのです。

「Neuzeit」は、切る、こねる、刻む、つぶすといった基本機能から、ジャガイモの皮むきまで行うことができる多機能製品でした。

写真: シュトゥットガルトの販売店でのフードプロセッサー販売 (1962年)

古い定番製品を再建 —
自動車でのガソリン燃料噴射システム

多くのボッシュ製品に使用される技術は、まだ戦前の時代に由来するものでした。しかし、競争力を維持するには、イノベーションが必要であるように思われました。ボッシュが航空エンジン用に開発したガソリン燃料噴射システムは、1950年代初めに自動車におけるイノベーションとして登場しました。ただし、これが標準として受け入れられるには10年間かかることとなりました。

Gutbrod Superiorは、ボッシュ製のガソリン燃料噴射システムを搭載した最初の乗用車である。これによって、キャブレーターと比較して最大20%燃料消費が削減され、性能が向上した。(1952年)
Gutbrod Superiorは、ボッシュ製のガソリン燃料噴射システムを搭載した最初の乗用車である。これによって、キャブレーターと比較して最大20%燃料消費が削減され、性能が向上した。(1952年)

Bosch Combi

DIY用「Bosch Combi」 — 実用性が高い携帯ケース付き (1952年)

家庭用電動工具

DIYが流行して、ボッシュに福音をもたらす事業が生まれました。1952年に発売された電動工具の「Bosch Combi」は、アタッチメントを選んで取り付けると、様々な用途に使うことができました。例えば、ドリル、ドライバー、サンダー、さらに剪定用カッターとして使うこともできたのです。この製品は、ヨーロッパに、主に男性を対象とするまったく新しい事業分野を生み出しました。日曜大工のDIYです。これは、一般的には地下室やガレージで行われていました。

標準アタッチメント付属のフルキットは、ケースまたは壁に取り付けられる木製キャビネットに入れて販売されました。ボッシュは、このようにして、電動工具の第二事業分野を開拓し、ハンマードリルなど建築現場用のプロフェッショナル電動工具製品を補完したのです。

写真: DIY用「Bosch Combi」 — 実用性が高い携帯ケース付き (1952年)

エレクトロニクス — 結実した事業分野

ボッシュは、1950年代半ばに、電子コンポーネントの開発を開始しました。最初の製品は「variode」であり、1958年に生産が開始されました。続いてトランジスタが、1970年からは集積回路の生産が始まりました。懐疑的な人に批判されてはいましたが、支持者によって熱狂的に開発された電子コンポーネントは、エレクトロニクス分野に最初にまかれた種となり、今ではボッシュの中心事業へと成長しています。

見栄えが良くないコンポーネント — レギュレーターの写真で小さくて見分けが付かないというわけでもない。1958年に連続生産に入ってから、この画期的な半導体コンポーネントによって、ジェネレーターのバッテリー充電方法が改善された。特に、渋滞でのアイドリング時での挙動が改善された。
見栄えが良くないコンポーネント — レギュレーターの写真で小さくて見分けが付かないというわけでもない。1958年に連続生産に入ってから、この画期的な半導体コンポーネントによって、ジェネレーターのバッテリー充電方法が改善された。特に、渋滞でのアイドリング時での挙動が改善された。
ボッシュ製の早期の電子コンポーネントは、最初はゲルマニウムに基づいていたが、シリコン結晶へと変化していった。この写真はゲルマニウム結晶の生産を示している。(1961年)
ボッシュ製の早期の電子コンポーネントは、最初はゲルマニウムに基づいていたが、シリコン結晶へと変化していった。この写真はゲルマニウム結晶の生産を示している。(1961年)