世界のボッシュ・グループ

ボッシュ・グループ概要

ボッシュの事業

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーです。2020年の従業員数は約39万5,000人(2020年12月31日現在)、売上高は715億ユーロ(約8.7兆円*)を計上しています。現在、事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・ビルディングテクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュはIoTテクノロジーのリーディングプロバイダーとして、スマートホーム、インダストリー4.0さらにコネクテッドモビリティに関する革新的なソリューションを提供しています。ボッシュは、サステイナブル、安全かつ魅力的なモビリティを追求しています。ボッシュはセンサー技術、ソフトウェア、サービスに関する豊富な専門知識と「Bosch IoT cloud」を活かし、さまざまな分野にまたがるネットワークソリューションをワンストップでお客様に提供することができます。ボッシュ・グループは、AI(人工知能)を搭載する、もしくはAIが開発・製造に関わった製品を提供することで、コネクテッドライフを円滑にすることを戦略目標に掲げています。ボッシュは、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じて生活の質の向上に貢献します。つまり、ボッシュはコーポレートスローガンである「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。

*2020年の為替平均レート、1ユーロ=121.8458円で計算

ボッシュ概要

収益、社員、拠点 — ボッシュ・グループに関する情報とブランドの概要です。

資料

ボッシュの最新情報をPDFファイルでダウンロードすることができます。

年版「Bosch today」の表紙

会社概要
「Bosch today」

ボッシュのすべての情報を分かりやすく簡潔な形でお知らせします。

2020年度版ボッシュ アニュアルレポートの表紙

2020年度
年次報告書
(英語版のみ)

会社概要と2020年の年次報告

事業セクター

ボッシュの事業セクター モビリティ ソリューションズ ここでは、シュトゥットガルトのメルセデスベンツ博物館のガレージをご覧いただけます。世界で初めて、ボッシュの自動バレーパーキング(ドライバーレスの自動駐車サービス)を装備しています。

モビリティ
ソリューションズ

モビリティソリューションズ

モビリティ ソリューションズは、ボッシュ・グループ最大の事業セクターであり、総売上高の59%を占めています。ボッシュは、自動車業界における世界最大規模のリーディングサプライヤーのひとつとして、持続可能で、安全かつ魅力的なモビリティを追求しています。自動車機器を直納するサプライヤーであるボッシュは、数多くのさまざまな分野に取り組んでおり、組織的には、パワートレイン ソリューション、シャーシシステム コントロール、エレクトリカル ドライブ、オートモーティブ エレクトロニクス、オートモーティブ ステアリングの各事業部があります。また、2021年初頭には、クロスドメイン コンピューティング ソリューション事業部が設立されました。直納(OE)以外では、オートモーティブ アフターマーケット、サービスプロバイダーであるコネクテッドモビリティ ソリューションズおよびBosch eBike Systemsの各事業部があります。さらに、二輪車、商用車、オフハイウェイ車、エンジニアリングサービスに関する活動も提供しています。自動車業界の大きな構造変化を受け、ボッシュは再生可能合成燃料を含めたパワートレイン開発に対して技術的に中立な立場をとっています。2020年だけでも、ボッシュは燃料電池を含めたeモビリティに約5億ユーロの先行投資を行いました。また、自動運転レベル1および2のドライバー アシスタンス システムを体系的に改良し、ハンズブリーのハイウェイアシストシステムに取り組み、SAEレベル3および4の自動運転を開発しています。ボッシュは、クロスドメイン コンピューティング ソリューションを設立し、急速な成長を遂げる自動車分野のソフトウェア集約型電子システム市場の変化する要件に対応しています

ボッシュの事業セクター モビリティ ソリューションズ ここでは、シュトゥットガルトのメルセデスベンツ博物館のガレージをご覧いただけます。世界で初めて、ボッシュの自動バレーパーキング(ドライバーレスの自動駐車サービス)を装備しています。
ボッシュの事業セクター 産業機器テクノロジー これは、未来の工場の姿を表しています:Bosch Rexroth(ボッシュ・レックスロス)は、工場における包括的なネットワーク化を保証します。

産業機器テクノロジー

産業機器テクノロジー

2020年度に産業機器テクノロジーセクターは、ボッシュ・グループの総売上高の7%に貢献しました。この事業セクターには、ドライブ&コントロール テクノロジー事業部が含まれ、あらゆるタイプやサイズの機械やシステムにおける効率的、パワフルかつ安全な動作を実現するドライブ&コントロールテクノロジーを提供しています。同事業部は、モバイルアプリケーション、システム構築&エンジニアリングおよびファクトリーオートメーションの各市場セグメントにおけるグローバルなアプリケーションの経験を結集しています。インテリジェントなコンポーネント、カスタマイズされたシステムソリューション、サービスによって、完全にネットワーク化されたアプリケーションに必要な環境を整えます。同事業部は、油圧機器、電気式駆動・制御システム、ギアテクノロジーのほか、リニアモーションおよびアセンブリーテクノロジーをソフトウェアとモノのインターネット化へのインターフェースを含めて提供しています。主にボッシュ社内にアセンブリーシステムを供給しているRobert Bosch Manufacturing Solutions GmbHは、アセンブリーシステムの柔軟で拡張性の高いプラン、テストおよびプロセス技術分野のカスタマイズされたソリューションおよび関連サービスを開発しています。産業機器テクノロジーには、ボッシュ コネクテッド インダストリー事業部門も含まれます。同事業部門は、インダストリー4.0に重点を置いて、ソフトウェアソリューションを開発し、内部および外部の顧客向けのプロジェクトを実施します。

ボッシュの事業セクター 産業機器テクノロジー これは、未来の工場の姿を表しています:Bosch Rexroth(ボッシュ・レックスロス)は、工場における包括的なネットワーク化を保証します。
ボッシュの事業セクター 消費財 ここでは、Bosch Professional(ボッシュ プロフェッショナル) X-LOCK Cleaning Discの使用法をご確認いただけます。

消費財

消費財

2020年度に消費財セクターは、ボッシュ・グループの総売上高の約26%に貢献しました。同セクターには、電動工具とガーデンツール、電動工具アクセサリー、そしてメジャーリングツールのサプライヤーである電動工具事業部が含まれています。同事業部は、商業・産業のプロユーザー、DIY用製品市場を対象とした幅広い製品を提供しています。革新技術の中で特に注力しているのは、パワフルで便利なコードレスツールと、ウェブ接続可能なツールやサービスです。電動工具事業部の戦略の重要な柱は、革新性、継続的なデジタライゼーション、強力なブランド、オンライン販売の持続的成長および新興市場における事業の拡大です。製品やサービスの開発において、ユーザーのニーズを重視するユーザーエクスペリエンスが、これらの取り組みにおいて成功を決定づける要因です。消費財セクターには、BSH Hausgeräte GmbHも含まれます。BSH Hausgeräte GmbHは、現代的でエネルギー効率が高く、ネットワーク化が進む家電製品を幅広く提供しています。製品ラインナップは、洗濯機、ドラム乾燥機、冷蔵・冷凍庫、コンロ、オーブン、キッチン用換気扇、食洗機から掃除機、コーヒーメーカー、フードプロセッサーなどの小型家電製品にまでおよんでいます。BSH Hausgeräteの戦略は、製品イノベーション、ネットワーク化を活用したサービス、そしてデジタルビジネスモデルの拡大に焦点を当てています。BSH Hausgeräteはホーム コネクトという形で、家電製品のブランド横断型デジタルプラットフォームによるエコシステムを提供しており、さまざまなパートナーと協力しています。BSH Hausgeräteは、デジタライゼーションによってもたらされる可能性を活かし、消費者との直接的な接点をさらに拡大することを目指しています。

ボッシュの事業セクター 消費財 ここでは、Bosch Professional(ボッシュ プロフェッショナル) X-LOCK Cleaning Discの使用法をご確認いただけます。
ボッシュの事業セクター エネルギー・ビルディングテクノロジー ここでは、モバイルアラームデバイスのBosch spexor(ボッシュ スペクサー)をご覧いただけます。

エネルギー・ビルディングテクノロジー

エネルギー・ビルディングテクノロジー

2020年度にエネルギー・ビルディングテクノロジーセクターは、ボッシュ・グループの総売上高の8%に貢献しました。同セクター傘下のビルディングテクノロジー事業部の事業は大きく2つの分野に分類されます。ひとつ目は、セキュリティ/通信ソリューションを扱うグローバルな製品事業、ふたつ目は特定の国々で建物のセキュリティ、エネルギー効率およびビルディングオートメーションに対応したソリューションやカスタマイズされたサービスを提供する地域システム統合事業です。両部門とも商業ビルとインフラプロジェクトに焦点を当てており、ビデオ監視システム、防犯・火災警報器、音声警報装置、出入管理システム、プロ用オーディオシステム、会議システムなどの各種製品を取り扱っています。サーモテクノロジー事業部は、暖房、空調、温水および分散型エネルギー管理のソリューションを全世界のお客さまに提供しています。同事業部は、住棟向け暖房および空調システムとエネルギー管理、給湯器、商業・工業用の暖房および空調システムを手がけています。またCO2排出量削減の要求が厳しくなったことで、電化や再生可能エネルギーの重要性も高まっています。同事業部では、既存製品の効率化やデバイスのネットワーク機能の強化に加え、技術革新にも注力しています。ボッシュ グローバルサービスソリューションズ事業部は、主に自動車、金融サービス、物流管理、情報通信技術などの分野のお客さま向けに事業プロセスやサービスを提供しています。Robert Bosch Smart Home GmbHは、住宅向けのネットワーク接続可能なアプリ制御製品を提供しています。

ボッシュの事業セクター エネルギー・ビルディングテクノロジー ここでは、モバイルアラームデバイスのBosch spexor(ボッシュ スペクサー)をご覧いただけます。

オーナーシップと組織

1964年以来、ボッシュの支配株主は、ロバート・ボッシュ財団です。同財団は、創業者の慈善活動および社会福祉に関する取り組みを現代的な手法で実践しています。独自のプログラムと制度により目標を追求し、適切なプロジェクトや他者から提示されるイニシアチブを支援することで、社会が直面する課題に取り組む組織体であると同財団は定義しています。

Robert Bosch GmbHの株主と議決権
お問い合わせ

お問い合わせ

電話、FAXでの
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ