Icon--AD-black-48x48Icon--address-consumer-data-black-48x48Icon--appointment-black-48x48Icon--back-left-black-48x48Icon--calendar-black-48x48Icon--Checkbox-checkIcon--clock-black-48x48Icon--close-black-48x48Icon--compare-black-48x48Icon--confirmation-black-48x48Icon--dealer-details-black-48x48Icon--delete-black-48x48Icon--delivery-black-48x48Icon--down-black-48x48Icon--download-black-48x48Ic-OverlayAlertIcon--externallink-black-48x48Icon-Filledforward-right_adjustedIcon--grid-view-black-48x48Icon--info-i-black-48x48Icon--Less-minimize-black-48x48Icon-FilledIcon--List-Check-blackIcon--List-Cross-blackIcon--list-view-mobile-black-48x48Icon--list-view-black-48x48Icon--More-Maximize-black-48x48Icon--my-product-black-48x48Icon--newsletter-black-48x48Icon--payment-black-48x48Icon--print-black-48x48Icon--promotion-black-48x48Icon--registration-black-48x48Icon--Reset-black-48x48share-circle1Icon--share-black-48x48Icon--shopping-cart-black-48x48Icon--start-play-black-48x48Icon--store-locator-black-48x48Ic-OverlayAlertIcon--summary-black-48x48tumblrIcon-FilledvineIc-OverlayAlertwhishlist
Invented for life

日本のボッシュ・グループ

ボッシュは、1911年(明治44年)に日本で事業を開始し、2018年で107年目を迎えました。それ以来、ボッシュ・グループは4つの事業領域(モビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、エネルギー・ビルディングテクノロジー、消費財)において、強固な基盤を築き上げ、日本のお客さまのニーズに応じたサービスや製品を提供してきました。これらの事業領域でボッシュ・グループのコーポレートスローガンである「Invented for life」を体現する革新的なソリューションを提供し、ボッシュ・グループは日本社会の生活の質の向上に取り組んでいます。

39

日本のボッシュ・グループの主要拠点

会社情報

日本のボッシュについての事実と数字2016
日本のボッシュ・グループ会社 基礎データ

日本のボッシュ・グループ会社 基礎データ

ボッシュ品質原則

自動車産業の黎明期から、ボッシュは高い品質と信頼性を追求し続け、創業から一世紀以上を経た今なお、その姿勢は変わりません。国際競争の激化、最先端の電子技術への対応、安全性向上、環境に対する施策など、顧客ニーズは多様化し、製品に求められる品質も高度化しています。 ボッシュは品質改善を究極のゴールとする行動指針「ボッシュ品質原則」を定めて、欠陥の原因の除去と未然防止に努め、研究開発から製造、販売、サービスにいたるまでの一貫したボッシュ・クオリティの確立を目指しています。

ボッシュ品質原則

1. 私たちのゴールは、製品やサービスを通して、お客様の期待にこたえ、お客様に充分に満足していただくことです。

2. 品質と品質改善は役員から見習までのすべての従業員における責任であり、究極のゴールです。

3. 当社における指示、プロセス、システム及びゴールは、国際品質規格の要求やお客様の期待、あるいは私たちの知識や経験に基づいています。これらの指示やプロセスを理解し、これに従うことは、私たちの品質活動の基礎となります。

4. 品質活動は初期段階からの未然防止活動を意味します。これにより、最終的に失敗を防ぐことができます。また、品質活動プロセスの継続的改善は、製造原価の低減と生産性の向上をもたらします。

5. 未然に失敗を避けることは、欠陥を除去することよりも重要です。私たちは、未然防止のために品質活動方法や品質ツールを組織立てて系統的に活用し、また過去の失敗から学び、根本原因の除去を遅れることなく行います。

6. 私たちの製品やサービスの品質は、当社へのサプライヤーの品質からも大きく影響を受けます。従って、当社へのサプライヤーは私たちと同様の高いレベルの品質規格を適用しなければなりません。

ボッシュ品質原則やボッシュ㈱における品質方針に関するお問い合わせは、お問い合わせ先 よりご連絡下さい。

情熱を刺激する製品とサービス

自動車の中で、ご家庭で、そして仕事場でー
ボッシュの技術はさまざまな生活の場面で役立っています。

ボッシュのモビリティソリューションを示す車両

モビリティ向けソリューション

モビリティ向けソリューション

ボッシュでは、技術に関する様々な知識を活用して、ハードウェア、ソフトウェア、サービス分野におけるスマートモビリティソリューションを開発しています。

ボッシュのモビリティソリューションを示す車両
ボッシュのスマートハイムテクノロジーを使って、家のソファで楽しく横になるカップル。

個人向けソリューション

個人向けソリューション

ボッシュでは、毎日の暮らしをより快適にするため、ご家庭で使える個人向けソリューションを提供しています。

ボッシュのスマートハイムテクノロジーを使って、家のソファで楽しく横になるカップル。
タブレット端末とボッシュのIndustry 4.0ツールを使用して、店舗でプロセスを監視する従業員。

産業用ソリューション

産業用ソリューション

ボッシュは、産業に関連する革新的な製品やサービスを提供しています。

タブレット端末とボッシュのIndustry 4.0ツールを使用して、店舗でプロセスを監視する従業員。

日本の取締役会

2017年9月1日現在

クラウス・メーダー

ボッシュ株式会社

代表取締役社長

クラウス・メーダー

ボッシュ(株)役員一覧

クラウス・メーダー
代表取締役社長

森川 典子
取締役副社長

満岡 隆一
取締役専務執行役員

マーティン・ダイス
監査役

ボッシュのブランド

ボッシュ・グループには、個々の市場要件に合わせた幅広いブランドが含まれています。
それぞれの製品やサービスも、生活の質 (QoL) を高めるために作られています。
以下のブランドをご確認ください。

  • Bosch
  • Beissbarth
  • Bosch Car Service
  • Bosch Diesel Center
  • Rexroth
  • CoremanNet
  • Dremel
  • Dynacord
  • Electro-Voice
  • HC-Cargo
  • RTS
  • Robinair
  • sia Abrasives
  • Telex
  • Unipoint
  • Zexel
ロバート・ボッシュの肖像

ボッシュの歴史

1886年、創業者ロバート・ボッシュは、ドイツのシュトゥットガルトで「精密機器と電気技術作業場」を設立しました。これが、今日、世界的に展開するボッシュの原点です。創業当時から革新的で人々を魅了する製品とサービスを通じて、人と社会に役立つテクノロジーを提供し続けてきました。

ドイツ、ブライハッハにあるボッシュの拠点近くの水路。

企業の社会的責任

ボッシュ・グループにとって、サステナビリティとは、当社が長期的に成功を収めながら、同時に将来世代のために自然環境を保護することを意味しています。ボッシュでは、再生可能エネルギーの価格を引き下げ、移動の安全性を高め、環境に優しい製品を開発することを目指しています。

フォルクマル・デナー

コンプライアンス

ボッシュでは、コンプライアンスは価値を構成する不可欠な要素です。当社では、世界中で認められるビジネスルールに従って、従業員、会社、そしてお客様やパートナーを守ることを目指しています。

お問い合わせ