メインコンテンツにスキップ
日本のボッシュ・グループ
沿革

自動車からの発展 1926–1945

この写真では社員が軽金属を成形している (1942年)。

ボッシュは、第二次世界大戦によって新しい問題が大量に発生するまで、経済的なピンチとナチスからの命令をイノベーションと忍耐によって切り抜けました。

冷蔵庫の前にボッシュのロゴが置かれた画像

ディーゼル燃料噴射用ポンプ —
第二の基幹事業

生産に入って何年も経ち、1927年、今日まで続くイノベーションが実を結びました。ディーゼル燃料噴射用ポンプです。これは、ガソリンエンジンと違ってマグネトー式点火装置が必要ないディーゼルエンジンの開発をボッシュが進めた結果でした。最初はトラックで使用されましたが、1936年には自動車用の初のディーゼル燃料噴射用ポンプが発売されました。

トラック用ディーゼル燃料噴射ポンプ
トラック用ディーゼル燃料噴射ポンプ
フォイエルバッハ工場は、現在に至るまで、ディーゼル関連製品生産の中心である。この写真では社員がポンプのハウジングに穴を開けている (1935年)。
フォイエルバッハ工場は、現在に至るまで、ディーゼル関連製品生産の中心である。この写真では社員がポンプのハウジングに穴を開けている (1935年)。
/

さまざまな戦略 — 新しい事業分野

ドイツ自動車産業の大きな危機によって、自動車サプライヤーであったボッシュも、1926年から製品ポートフォリオの再考を迫られました。これによって、過去に成功した戦略の組み合わせが試行されました。電動工具やサーモテクノロジーと同じように、ラジオやテレビ技術などまったく新しい取り組みとも連携して、製品が改善され、連続生産が開始されました。

1933年に発売されたボッシュの冷蔵庫では、多くの家庭が購入できるような手頃な価格が意識されていた。
1933年に発売されたボッシュの冷蔵庫では、多くの家庭が購入できるような手頃な価格が意識されていた。
1932年、ボッシュとBlaupunkt社のエンジニアによるヨーロッパ初のカーラジオが連続生産段階に入ったことで、路上で音楽を聞くのは夢ではなくなった。
1932年、ボッシュとBlaupunkt社のエンジニアによるヨーロッパ初のカーラジオが連続生産段階に入ったことで、路上で音楽を聞くのは夢ではなくなった。
ボッシュは、Hugo Junkers社のサーモテクノロジー部門を買収して、1932年に現在の事業部門を立ち上げた。
ボッシュは、Hugo Junkers社のサーモテクノロジー部門を買収して、1932年に現在の事業部門を立ち上げた。
/
電動工具
ボッシュ製のハンマードリルが使用されている (1936年)

バリカンとハンマードリル

ボッシュのエンジニアだったヘルマン・スタインハートは、1927年、試験場で一つの装置に出会い、すぐに虜になりました。この「Forfex」は持ち手にモーターが組み込まれていました。これによって、多くの可能性が広がることとなりました。スタインハートの部門は、数年かけてコンセプトを開発して最初のハンマードリルを作る前に、Forfexの連続生産をまず開始しました。チームは、ボッシュ工場の生産設備を試験に使用しました。

写真: ボッシュ製のハンマードリルが使用されている (1936年)

連携のメリット —
強力なパートナーとの生産

戦争が終わって約10年後、海外での売上高は、全体の34%にまでしか戻っていませんでした。高い輸送コストと関税障壁により、ボッシュでは、代わりの手段を試すことになりました。フランス、イギリス、イタリアでは、現地生産パートナーの調査が開始され、オーストラリアと日本のパートナー企業は、ボッシュのライセンスを受けて製品の製造を開始しました。1932年までに、海外での売上は55%にまで高まっていました。

1931年、ボッシュは、地元の自動車サプライヤーC.A.Vandervell と共に、 イギリス市場を担当するロンドンでの製造拠点としてジョイントベンチャーを立ち上げた。
1931年、ボッシュは、地元の自動車サプライヤーC.A.Vandervell と共に、 イギリス市場を担当するロンドンでの製造拠点としてジョイントベンチャーを立ち上げた。
メルボルンのRobert Bosch Supply and Service Pty Ltd.のマネージャーであったAugust Hoetteは、ボッシュのライセンスを受けて、オーストラリアでスパークプラグの生産も開始した。
メルボルンのRobert Bosch Supply and Service Pty Ltd.のマネージャーであったAugust Hoetteは、ボッシュのライセンスを受けて、オーストラリアでスパークプラグの生産も開始した。
/
FESE
FESE家庭用テレビ受信機 (1938年)

先端技術

スコットランド人のテレビの発明者ジョン・ロジー・ベアード、Zeiss Ikon社、Loewe社と共に、ボッシュは、1929年にFernseh AG (FESE) を設立しました。何年もの研究が、最終的に大きな成功へと初めて結実しました。FESEは、1936年のベルリンオリンピックに初の電子記録装置を提供し、同年、初の「家庭用テレビ受信機」を発表しました。戦争中、FESEは、テレビ画像を通じて遠隔制御できるカメラを内蔵した爆弾の開発を支援するように命令されました。終戦によって、試験段階でこのプロジェクトは停止しました。

写真: FESE家庭用テレビ受信機 (1938年)

機械で作業する従業員の画像。

航空エンジン用ガソリン燃料
噴射技術とテレビテクノロジー

ナチスが権力を握り、ボッシュにも大きな苦難が降りかかりました。この政体は、航空エンジン用ガソリン燃料噴射技術の研究開発を命じて、新工場の建築を開始しました。特に、テレビ技術は、軍事的関心を集めました。ボッシュの国外での売上は、1939年には9%まで落ち込みました。

ナチスは経済的自給自足を追求していたが、ボッシュは世界で製品を販売し続けた。写真は中国の天津 (1938年)。
ナチスは経済的自給自足を追求していたが、ボッシュは世界で製品を販売し続けた。写真は中国の天津 (1938年)。
航空エンジンでのボッシュ製ガソリン燃料噴射用ポンプ (1941年)
航空エンジンでのボッシュ製ガソリン燃料噴射用ポンプ (1941年)
/

軍備と強制労働

第二次世界大戦が始まり、ボッシュは、改めてその操業を軍需製品に切り替えました。その時点までに軍隊での自動車の利用は大きく進んでおり、ボッシュの自動車部門は、操業の続行が認められました。ドイツの全産業でそうだったように、軍事活動に招集された社員は、占領地域からの強制労働者によって置き換えられ、その一部は非人間的な環境での生活と労働を余儀なくされました。

1909年、フォイエルバッハ金属工場で生産用の原材料加工が開始された。この写真では社員が軽金属を成形している (1942年)。
1909年、フォイエルバッハ金属工場で生産用の原材料加工が開始された。この写真では社員が軽金属を成形している (1942年)。
シュトゥットガルト工場で点火コイルを製造する女性従業員 (1944年)
シュトゥットガルト工場で点火コイルを製造する女性従業員 (1944年)
/

レジスタンスとユダヤ人の保護

一方で、ボッシュの経営陣は、ナチス体制への抵抗運動を積極的に支援しました。その中心にいたのは、会社のアドバイザーに任命されていたカール・フリードリヒ・ゲルデラーでした。強制収容所に送られるユダヤ人を救うため、迫害されていたユダヤ人も雇用されました。また、移民をサポートする経済的な支援も行われました。

1970年、イスラエル大使のイダン・アブナー氏 (中央) は、ナチスの時代に迫害を受けたユダヤ人を支援した尽力に対して、ヤド・ヴァシェム記念館を代表して、「諸国民の中の正義の人」賞をボッシュのマネージャーであったハンス・ワルツ (左) に贈った。
1970年、イスラエル大使のイダン・アブナー氏 (中央) は、ナチスの時代に迫害を受けたユダヤ人を支援した尽力に対して、ヤド・ヴァシェム記念館を代表して、「諸国民の中の正義の人」賞をボッシュのマネージャーであったハンス・ワルツ (左) に贈った。

終戦

戦争中、連合国は、繰り返しボッシュの生産施設を空爆しました。ロバート・ボッシュは、自社の工場がどのように跡形もなく破壊されたか、生きて体験することはありませんでした。彼は1942年に亡くなっていたからです。彼は、自分にちなんで名付けられた工場をどのように操業するか、後継者たちに明確な指示を残していました。

フォイエルバッハ金属工場の大部分は、1944年の空襲で破壊された。生産は段階的に郊外に移管された。
フォイエルバッハ金属工場の大部分は、1944年の空襲で破壊された。生産は段階的に郊外に移管された。
1944年9月の大空襲によって、ボッシュの工場を象徴する塔が崩れ落ちた。
1944年9月の大空襲によって、ボッシュの工場を象徴する塔が崩れ落ちた。
/