Icon--AD-black-48x48Icon--address-consumer-data-black-48x48Icon--appointment-black-48x48Icon--back-left-black-48x48Icon--calendar-black-48x48Icon--Checkbox-checkIcon--clock-black-48x48Icon--close-black-48x48Icon--compare-black-48x48Icon--confirmation-black-48x48Icon--dealer-details-black-48x48Icon--delete-black-48x48Icon--delivery-black-48x48Icon--down-black-48x48Icon--download-black-48x48Ic-OverlayAlertIcon--externallink-black-48x48Icon-Filledforward-right_adjustedIcon--grid-view-black-48x48Icon--info-i-black-48x48Icon--Less-minimize-black-48x48Icon-FilledIcon--List-Check-blackIcon--List-Cross-blackIcon--list-view-mobile-black-48x48Icon--list-view-black-48x48Icon--More-Maximize-black-48x48Icon--my-product-black-48x48Icon--newsletter-black-48x48Icon--payment-black-48x48Icon--print-black-48x48Icon--promotion-black-48x48Icon--registration-black-48x48Icon--Reset-black-48x48share-circle1Icon--share-black-48x48Icon--shopping-cart-black-48x48Icon--start-play-black-48x48Icon--store-locator-black-48x48Ic-OverlayAlertIcon--summary-black-48x48tumblrIcon-FilledvineIc-OverlayAlertwhishlist
沿革

創業
1886-1905

読了時間: 10分

ボッシュの事業展開はいくつかの段階にわけられます。独立へのステップ、自動車市場へのステップ、ドイツ国外市場へのステップ、そして主要メーカーとしての大量生産開始のステップです。

上向きの曲線、1人の男性 (ロバート・ボッシュ) が一番上を目指して歩いている。

「企業家としてのボッシュ」— 創業

見習い、そして技術者として働いた経験から、ロバート・ボッシュは自身で起業したいと考え始めました。1886年、創業者ロバート・ボッシュは、シュトゥットガルトで「精密機器と電気技術作業場」を設立しました。最初の数年間は浮き沈みがありましたが、1890年代半ばから事業は順調に回り始めました。

1886年11月、ロバート・ボッシュは、技術者1名と見習いの青年とともに西シュトゥットガルトの最初の工房を開設。
1886年11月、ロバート・ボッシュは、技術者1名と見習いの青年とともに西シュトゥットガルトの最初の工房を開設。
1890年、お客様が中庭の裏にある工場を見つけられるように、ボッシュは、会社の看板を掲げた
1890年、お客様が中庭の裏にある工場を見つけられるように、ボッシュは、会社の看板を掲げた

最初の製品とサービス

ボッシュは、初期の電話システムや電子ベルの設置など、精密機械や電気工学関連の可能性のある作業はすべて引き受けていました。定置エンジンの既存の設計に合わせたマグネトー式点火装置の製造を依頼された時に、彼はこれを改良し、マグネトー式点火装置生産への道を開きました。

1896年、ボッシュは、遠隔水面計を顧客のために設置した。
1896年、ボッシュは、遠隔水面計を顧客のために設置した。
遠隔水面計の接触部分には、本体からかなり遠い水面のレベルを装置が記録できるように精密な製造技術が必要だった。
遠隔水面計の接触部分には、本体からかなり遠い水面のレベルを装置が記録できるように精密な製造技術が必要だった。
かなり変わった製品ではあったが、ボッシュの作業場では、最初の20年に視覚障がい者のためのタイプライターも数多く生産した。
かなり変わった製品ではあったが、ボッシュの作業場では、最初の20年に視覚障がい者のためのタイプライターも数多く生産した。
マグネトー式点火装置の開発を示す画像。

火花から すべてに—
マグネトー式点火装置

1897年から、ボッシュは、優れた設計のマグネトー式低圧点火装置の自動車への設置を開始し、信頼性が非常に高いこの点火装置の唯一のサプライヤーとなりました。1902年、ボッシュの主任エンジニアだったゴットロープ・ホーノルトが、さらに優れたソリューションを公開しました。スパークプラグを装備したマグネトー式高圧点火システムです。この製品こそ、ボッシュが世界屈指の自動車部品サプライヤーとなる道を開いた製品となりました。

1887年、ボッシュは、低圧点火装置の再生産によって、混合燃料の点火の模索を開始した。
1887年、ボッシュは、低圧点火装置の再生産によって、混合燃料の点火の模索を開始した。
この自動車用マグネトー式点火装置は、1897年、ド・ディオン・ブートンの三輪車で初めて使用された。製品が完璧に機能するには、多くの試験が必要となった。
この自動車用マグネトー式点火装置は、1897年、ド・ディオン・ブートンの三輪車で初めて使用された。製品が完璧に機能するには、多くの試験が必要となった。
自動車サプライヤーとしての究極のブレイクスルーが、マグネトー式高圧点火システムと共にもたらされ、1902年、ボッシュはこれを特許として登録した。
自動車サプライヤーとしての究極のブレイクスルーが、マグネトー式高圧点火システムと共にもたらされ、1902年、ボッシュはこれを特許として登録した。
ボッシュの最初のマグネトー式高圧点火システム。種類: Hdh、スパークプラグ付き (1902年)
ボッシュの最初のマグネトー式高圧点火システム。種類: Hdh、スパークプラグ付き (1902年)

ゴットロープ・ホーノルト

写真: ゴットロープ・ホーノルト (1901年)

正しい直感を持つ
チーフイノベーター

「ホーノルトが新しい商品を仕上げて製造に回すと、その最終製品によってボッシュの世界が騒がしくなるのが常でした。」

これは、ロバート・ボッシュがいかに彼をエンジニアリングのトップとして長年信頼していたかを示していますが、彼が最初にボッシュと働き始めた時は、まだ見習いでした。彼は、1923年に亡くなるまで、マグネトー式高圧点火システム以外にも、照明システム、スターター、ホーンなど、ボッシュ製品のポートフォリオを考案した素晴らしいクリエイターでもありました。

写真: ゴットロープ・ホーノルト (1901年)

最初の自社工場を建築

ボッシュは、工場を建てる決断をするまでに、何度も引っ越しました。彼は、最初はフロアを賃借しようとしていましたが、うまくいかず、逆に、1901年に建築されたボッシュの工場は、周囲の建物に拡大していきました。

外観はルネサンス調だが、完全補強入りコンクリート製のこの最初の工場の建物は、1900年にしては、非常に先進的なものだった。
外観はルネサンス調だが、完全補強入りコンクリート製のこの最初の工場の建物は、1900年にしては、非常に先進的なものだった。
グループ写真のために新工場の中庭の階段に集合したボッシュの一部の社員 (1901年)。
グループ写真のために新工場の中庭の階段に集合したボッシュの一部の社員 (1901年)。
ボッシュの社員は、マグネトー式点火装置の点火コイルの電機子巻き付け部にワイヤーを完全手作業で巻いていた。1900年。
ボッシュの社員は、マグネトー式点火装置の点火コイルの電機子巻き付け部にワイヤーを完全手作業で巻いていた。1900年。
数年以内に、ボッシュの工場は、単一の建物から大規模な施設に拡大していた (1905年)。
数年以内に、ボッシュの工場は、単一の建物から大規模な施設に拡大していた (1905年)。
客を乗せたかつての乗用車と「ロンドン」を示す標識の画像。

世界進出 — 初の営業事務所

「…イギリスに拠点があれば…」— これが長い間ロバート・ボッシュの願いでした。1898年、彼は、イギリス人のフレデリック・シムズと共に、ドイツ以外で初のボッシュ企業をロンドンに設立しました。これが、グローバル市場への最初のステップとなりました。それからすぐに、他の欧州諸国での営業事務所の開設が続きました。

1898年、Magnetos Simms Boschがロンドンのストア通りに設立した初の営業事務所。翌年、パリにさらに営業事務所が開設される。
1898年、Magnetos Simms Boschがロンドンのストア通りに設立した初の営業事務所。翌年、パリにさらに営業事務所が開設される。

パリにドイツ国外で第1号となる工場を開設 —
初の海外生産

フランスは、イギリスに次いでヨーロッパ最大の自動車販売市場となっていました。ボッシュは、1899年にここで子会社の操業を開始。パリ支社の事業は、これ以上ないほどうまく進み、1905年からは、エッフェル塔を見晴らす自社工場で生産されるマグネトー式点火システムで、需要に完全に対応できるようになりました。

関税や長い輸送ルートを考慮して、1905年、ボッシュはパリでの製造を開始した。
関税や長い輸送ルートを考慮して、1905年、ボッシュはパリでの製造を開始した。

モーターレーシング —
初の広告

世紀の変わり目に、国際的な主要モーターレースが初めて開催されました — 自動車メーカーやサプライヤーが優れた能力を発揮する機会となりました。1903年、ベルギー人のカミーユ・ジェナツィが、アイルランドのゴードン・ベネット・カップでメルセデスを運転して優勝しました。信頼性の高いボッシュの点火システムは、過酷な条件に耐えて優勝に貢献しました。

1903年、ベルギー人のカミーユ・ジャナツィが、ボッシュ製点火システムを搭載するメルセデスに乗って、アイルランドのゴードン・ベネット・カップで優勝した。
1903年、ベルギー人のカミーユ・ジャナツィが、ボッシュ製点火システムを搭載するメルセデスに乗って、アイルランドのゴードン・ベネット・カップで優勝した。
彼の赤いヒゲと髪、そして優雅なレッドのダストコートにより、ジェナツィは一躍広告におけるアイコンとなった。1918年まで、彼はボッシュの点火システムを「レッド・デビル」として宣伝した。
彼の赤いヒゲと髪、そして優雅なレッドのダストコートにより、ジェナツィは一躍広告におけるアイコンとなった。1918年まで、彼はボッシュの点火システムを「レッド・デビル」として宣伝した。