ボッシュ株式会社

グリーン調達

はじめに

弊社はグローバルな製造メーカーの立場で果たすべき社会的責任として、サスティナビリティへの貢献、価値あるものとサービスの提供、コンプライアンスを掲げております。2003年より「グリーン調達ガイドライン」を制定し、自然と環境との調和を目指しながら弊社とお取引先様との共存発展を図って参りました。

お取引先様におかれましては、これまで弊社からの各種要請にご協力いただき、さらに環境活動に対し前向きに取り組んでいただいており感謝申し上げます。

昨今、地球温暖化への危惧や製品中の有害物質の問題等の関心の高まりと共に、ますます、企業の環境への取り組みは重むきを増してきております。このような取り組みは一企業で成し遂げることは不可能です。お取引先様にご協力いただき、一体となった活動をすることが重要になります。そのためにはイコールパートナーシップのもと、お取引先様との情報の共有化を図り、共に環境への取り組みを強化・推進していく必要があります。

弊社の「グリーン調達ガイドライン」は、グローバルな環境規制に対応したものであります。欧州の規制をはじめ、製品中の化学物質規制への動きはますます厳しいものとなってきております。今日および将来の地球環境の保全に対して皆様と共に貢献していくために、弊社は従来の品質・価格・納期に環境を加えた環境配慮型の調達体制の更なる発展を目指してまいります。

お取引先様におかれましては、弊社の取組み趣旨、方針をご理解の上、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

安全環境方針

労働安全および環境保全のボッシュ指針は、当社の事業活動のフレームワークの一つを形成するものであります。この方針は、ボッシュグループ全ての地域、事業、工場で共有化し、その実現に向け活動を進めています。

労働安全と環境保全のガイドライン

労働安全と環境保全のガイドライン

持続可能性

私たちは、未来の世代のために、経済、生態系、コミュニティ全体に対する責任を念頭に置いて、行動することを約束します。このため、人々の安全と健康、資源の有効活用、自然で清潔な環境を尊重することを、当社の事業方針の基本原則とします。

責任

人々や環境に危害を及ぼさず、労働安全や人々の健康、環境保全に関係するあらゆる法律や規制を厳守することは私たち全員の責務です。このような危険を認識、分析し、適切な処置を講じることはリーダーの責任です。

製品

私たちは安全で、環境にやさしく、経済的な製品を設計、開発し生産します。私たちの製品は人々の健康や安全を脅かすことなく製品がリサイクル、或いは廃棄されるまでのライフサイクル全般に亘り環境への影響を最小限に留めるよう設計されています。

プロセス

私たちは、経済的に実現可能であればどのような場所でも、人々の健康と安全を最優先し、環境への負荷は最小限に留めるプロセスをデザインします。緊急事態に対処する準備はできています。これは製品やサービスのサプライヤーとの協力の精神でもあります。

継続的改善

私たちは、人々や環境に与える影響を把握することで、私たちのプロセスや行動を定期的に見直します。このようにして、私たちの弱点や改善の可能性を見出し、労働安全や人々の健康、環境保護のためのプログラムを確実に有効にします。

グリーン調達活動の目的

本活動は、弊社が、「地球と社会と人にやさしい商品作り」を通じて「豊かな未来の実現」を目指すための、お取引先様を含めた環境改善活動であります。
この活動の目的は、人と地球の未来のために、弊社「安全環境方針」に基づき、環境管理体制が整備された工程により生産される、環境負荷の少ない物品を購入する事により、地球環境負荷低減に向けた調達を推進することです。

グリーン調達活動の範囲

弊社に納入していただく部品(含む製品)、材料、副資材(潤滑剤、試験媒体、洗浄剤、塗料、腐食防止剤等の弊社の製造工程内で使用されるもの)、梱包材の調達品および、それらを納品いただく全てのお取引先様に適用します。

お取引先様へのお願い事項

グリーン調達は環境管理体制の整備された工程によって作られた環境負荷の少ない部品、材料、副資材を購入することによって実現します。
そのため、お取引先様に以下のお願いをさせていただきます。貴社及びその仕入先である製造会社も下記お願い事項の対象です。

  • ISO14001または類似の環境マネジメントシステムの導入
  • 納入物品に含まれる環境負荷物質の報告(詳細は次項参照)
報告対象区分 / 内容 報告対象品 報告使用ツール 提出期限、及び禁止・申告物質
報告対象区分 / 内容
自動車関連製品、及び材料
報告対象品
すべて対象
報告使用ツール
IMDS
提出期限、及び禁止・申告物質
Bosch Norm N2580-1
参照
報告対象区分 / 内容
自動車非関連製品、及び材料
報告対象品
すべて対象
報告使用ツール
N2580-1付属書(サプライヤー申告書カバーシート)
提出期限、及び禁止・申告物質
"
報告対象区分 / 内容
副資材
報告対象品
製品中に残留する副資材
報告使用ツール
IMDS
提出期限、及び禁止・申告物質
"
報告対象区分 / 内容
副資材
報告対象品
製造時に使用している副資材
報告使用ツール
N2580-1付属書(サプライヤー申告書カバーシート)
提出期限、及び禁止・申告物質
"
報告対象区分 / 内容
梱包材
報告対象品
弊社から外部へ出荷時の梱包材
報告使用ツール
N2580-1付属書(サプライヤー申告書カバーシート)
提出期限、及び禁止・申告物質
"

※ IMDSとは、自動車業界でグローバルに使用されている製品・部品の材料および化学物質情報を伝達するシステムのことです。IMDS入力は、IMDS REC001に準拠し、Bosch IMDS データ入力ガイドラインに従ってデータを作成してください。
※ 調査依頼を受けた物品の材料(原材料または部品)が貴社の自達ではなく、弊社からの支給品の場合は、弊社からの指示に従ってください。
※ 現品分析調査による非含有報告を、別途要求させていただくことがあります。

禁止・申告物質リスト
禁止・申告物質リスト
Bosch-Norm N2580-1」による。
N2580-1 は下記 Web サイトよりダウンロードいただけます。


開いたページ内にある「Bosch standard N2580」のリンクをクリックしてzipファイルをダウンロードしてください。
いくつか入っているファイルの中の、ファイル名に「Japanese」を含んだPDFが日本語版となっております。

グリーン調達成分調査ツール
グリーン調達成分調査ツール
IMDS

自動車業界における国際的な標準ツールであるIMDSをご利用ください。

IMDSヘルプデスク
IMDSヘルプデスク
IMDS使用に関して、ご不明な点やご質問は、下記ヘルプデスクをご利用ください。

共有オプション:

お問い合わせ

お問い合わせ

電話、FAXでの
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ