メインコンテンツにスキップ

RideCareソリューション

RideCareソリューション

RideCareソリューション

安全で快適な移動
シェアリング・エコノミーにおいて、モビリティユーザーの快適性と安全性は非常に重要です。ドライバーの安全を確保し、車両のダウンタイムを抑えるため、共有車両においては、車両の損傷は迅速かつ透明性のある方法で報告されなければなりません。加えて、車室内も常に快適であるべきです。
RideCareソリューションには、ハードウェア、ソフトウェア、そして安全なクラウドベースのデータサービスの組み合わせが特徴です。どんな車両にも後付け可能なデバイスは、特定の車両タイプに合わせて簡単に設定、またデータ処理のためにクラウドに接続できます。ハードウェアデバイス内のセンサーが、多くのデータを集積します。この情報は、インテリジェントアルゴリズムを用いて処理され、喫煙や損傷が発生した際にモビリティサービスプロバイダーにリアルタイムで通知されます。ボッシュは、データ処理と保存に関して、最高レベルのデータセキュリティを提供します。
そしてすべてのデータは、安全に保存され、エンドツーエンドのデータ保護に関して高い標準を満たします。
RideCareデバイスは、アップデートの受信ができるため、装着後でも機能の追加やカスタマイズが可能です。

車両のケア: 外部の損傷と車室内の喫煙を検知
車両外部に損傷が生じた場合、RideCareデバイスは車両ダイナミクスのセンサー測定を使用して、損傷を「激しい、重要、表面的」という三つの異なるグループに分類します。損傷の分類のほか、損傷箇所と正確なタイムスタンプも収集されます。
喫煙を検知するため、RideCareデバイスは、同乗者かドライバーのどちらかが車内で喫煙しているかを検知し、喫煙パターンを識別するインテリジェントアルゴリズムを使用して、喫煙およびその持続時間について適宜その情報を提供します。
異変が検知されると、バックエンドツーバックエンド接続を経由して、モビリティサービスプロバイダーにリアルタイムで通知されます。さらに、ボッシュカスタマーダッシュボードから異変の詳細情報を確認することができます。検知された異変は各レンタル期間とマッチされるため、モビリティサービスプロバイダーは事故賠償に迅速に対処することが可能となります。
喫煙と損傷の検知によって、モビリティサービスプロバイダーは車室内の禁煙を維持し、メンテナンスと修理コストを抑えて、資産を保護しながら、車両の利用可能性と耐用年数、そしてドライバーと同乗者の快適性も高めることができます

RideCareソリューション
RideCareソリューション

共有オプション: