メインコンテンツにスキップ
日本のボッシュ・グループ

現在と未来のE/Eアーキテクチャのためのソリューション

現在と未来のE/Eアーキテクチャのためのソリューション

現在と未来のE/Eアーキテクチャのためのソリューション
ボッシュは、安全性、ドライバー支援、自動運転の領域のみならず、パワートレーン、シャシー、コックピット、HMIにおけるコンポーネントとシステム用ハードウェアとソフトウェアに関しても、知識と技術を示してきました。モビリティ市場が急速に変化していることから、未来の車両には、現在の車両よりも高いレベルの自動化とネットワーク化が重要になるでしょう。未来のE/Eアーキテクチャに向けたソリューションによって、私たちは複雑性に対応し、複雑性を軽減させて、新しい機能の迅速かつ簡単な統合を可能にします。

車両コンピューターと統合プラットフォームで、未来のモビリティを形作るための新しいソリューションを提供
すでに現在のE/Eアーキテクチャは、領域特定の各機能の制御を担当する百以上の個々の制御ユニットを相互接続しています。さらなる複雑性に対処するため、私たちはクロスドメインの車両コンピューターと統合プラットフォームを導入します。これによって、機能の配置が柔軟になり、クロスドメイン機能の統合と管理が容易になります。機能開発がさらに加速していますが、すべての主要ソフトウェアがわずか数台のコンピューターに統合されているため、より管理しやすくなります。

各種要件に対応した一つのソリューション
車両コンピューターと統合プラットフォームによって、異なるベンダーのソフトウェアモジュールと各種の安全要件をたった一つのハードウェアに統合することが容易になります。さらに更新可能であるため、車両メーカーと第三者のベンダーは、車両のライフサイクルを通して機能ソフトウェアを更新でき、未来の要件を満たすために適合することが可能です。

ミドルウェアソリューション
ボッシュは、車両コンピューターと統合プラットフォーム向けの安全かつ信頼できるプラットフォームソフトウェアのフレームワークを提供します。これは、AUTOSAR Classic および Adaptive標準に基づいたものです。これは機能の基盤を提供し、ハードウェアを制御します。例えばオペレーティングシステム、アプリケーションドメインを互いに分けるハイパーバイザー、その他安全要素が含まれます。
つまり私たちのミドルウェアソリューションは、車両メーカーとサービスプロバイダーのアプリケーション機能を単一の制御ユニットに統合するために、信頼できるパワフルでフレキシブルな基盤を提供します。車両コンピューターとプラットフォームソフトウェアのフレームワークによって、ボッシュはマルチシステムの車両に関する専門知識に、E/Eアーキテクチャ、複雑なリアルタイムソフトウェア、IoT、ハードウェアに関する専門知識を組み合わせます。

ボッシュと最新のE/Eアーキテクチャが車を「走るIoTデバイス」へと進化

ッシュにより車両は車輪を持つIoTデバイスへ

共有オプション: