メインコンテンツにスキップ

自動バレーパーキング (AVP)

自動バレーパーキング (AVP)

自動バレーパーキング (AVP)

ボッシュの自動バレーパーキングが、ドイツ、シュトゥットガルトにあるメルセデスベンツミュージアムの駐車場における自動駐車システムの世界初のドライバーレスパーキング機能(SAEレベル4*)として認可を受けました。

これによって、駐車場探しの手間が省け、駐車スペースへの駐車操作も行ってくれます。ドライバーが降車エリアに車両を運転していけば、その後は駐車場のスマートインフラが車両を空いている駐車スペースまで誘導します。駐車スペースに到着すると、車両が自動で駐車されます。

自動バレーパーキングにより、自動充電やモビリティハブなど、駐車だけに留まらない幅広い新規サービスの可能性が広がります。さらに、この自動化技術は、工場や物流拠点のワークフローを自動化・最適化するために活用することもできます。
ボッシュは、自動車メーカー、駐車施設の管理者、不動産会社にとって信頼できるパートナーとなり、開発、アプリケーション、試験、量産、アフターサービス、そして新しいシステムの市場導入をサポートします。

ドライバーのベネフィット:

  • 駐車場の空きスペースを探す必要がない
  • 駐車中の事故や損傷がない
  • 実際の目的地に直接、ゆったりと到着できる
  • 追加の自動サービスが利用可能 (例: 自動充電)

駐車場オペレーターにとってのベネフィット:

  • 駐車エリアをより有効に活用できる
  • プレミアムサービスの提供
  • 市場への早期導入

車両メーカーにとってのベネフィット:

  • 他社との差別化
  • 自動運転におけるマイルストーン、 市場への早期導入
  • インテリジェントなインフラと車両技術により自動運転車両とそうでない車両の同時走行が可能
  • その他の使用例、工場におけるワークフローの最適化、コスト削減と安全の確保など。

*SAE レベル 4: 一定の条件下で(立体駐車場内など)、車両が自律的にあらゆる交通状況に対応可能。ドライバーは不要。

Automated valet parking: the driverless parking service

共有オプション: