車両システムエンジニアリング

車両システムエンジニアリング

急速に変化する自動車市場の中で、革新的で高性能な車両システムソリューションの需要が大幅に高まっています。そのためには高度なコンポーネントネットワーキング、E / Eアーキテクチャの見直しが必要とされます。
同時にユーザーエクスペリエンス(UX)、いわゆる体験型車両の機能・仕様にフォーカスしたクロスドメイン開発手法の重要性がますます高まっています。
ボッシュエンジニアリングは、現在の市場動向とともにますます複雑化する要件に対応するために「車両システムエンジニアリング」を提供し、お客様のビジョンを現実化します。

プロジェクトの初期フェーズでのサービス
プロジェクトの初期段階では以下の開発サービスをご提供可能です。

  • 市場のトレンドレポート
  • カスタマイズされた各種シミュレーション
  • デモンストレーター・プロトタイプ設計/製作支援
  • コンセプトの実現可能性/有効性の調査
  • ボッシュエンジニアリングのテストベンチ/ダイノメーター/ラボによる評価試験

開発ソリューション
ユーザーのニーズに合わせて電気/電子車両ストラクチャを定義するためには、多岐にわたるドメインを関連付けることが不可欠です。包括的なE / Eアーキテクチャを要件ベースで開発するには、以下のような様々な分野の専門性が要求されます。

  • 通信システム
  • 車両電気システム
  • 電気エネルギーマネジメント(EEM)
  • 電磁両立性(EMC)
  • ワイヤーハーネスの開発・設計
  • インテグレーション(電気的・機械的)

ボッシュエンジニアリングでは上記の専門的なサポートに加え「サイバーセキュリティ」と「機能安全」を統合することで、各技術分野を補完します。そして車両レベルで全体像を把握し、複雑化するシステムに対応します。

量産開発ソリューション
ボッシュエンジニアリングの量産開発向けサポートには技術的な側面に加え、技術的な整合を保つための様々な調整業務も含まれます。プロジェクトにおけるアプリケーションと実装支援に加え、統合ステップの定義・計画立案を支援します。
これによって量産開発における、初期コンセプト作成および検証(PoC)から製造準備に至るまでのトータルサポートをご提供します。

車両システムエンジニアリング

共有オプション: