車室内モニタリングシステム

車室内モニタリングシステム

車室内モニタリングシステム

ドライバーモニタリング
ドライバー モニタリング カメラはドライバーの状況や危険性を監視し、注意力の低下や眠気、マイクロスリープ症状を検知するとドライバーに警告を出します。
顔認証機能によって確実にドライバーを識別し、蓄積されたドライバーの情報によって最適なシートやミラーの位置、お気に入りのラジオチャンネル、好みの室内温度など個人の快適さや利便性に応じた設定を自動で行います。
未来の自動運転車では危機な状況下で、ドライバーが車をコントロールできる状態にあるかどうかを知ることが必要となります。

車室内・乗員モニタリング
車室内モニタリングシステムでは、ドライバーだけでなく乗員にも注目します。カメラはすべての座席が視野に入るように配置されており、システムは他の乗員の存在を検知して、シートベルトの着用をより特定の乗員へ促すことができます。
また、助手席に人が乗っているかどうかを判断し、例えばチャイルドシートがある場合にはエアバッグを停止させることができます。
後部座席に置き去りにされた子供にとって、車内の温度上昇はすぐに危険な状態になります。このような危機的状況を未然に防ぐためにも、ドライバーへ警告を発します。

安全性と利便性
車室内モニタリングシステムは、ジェスチャーコントロールなどの革新的なインタラクションインターフェースの実装を可能にします。これにより、ドライバーは道路から目をそらすことなく簡単な手の動きだけで次の曲へ変えることができ、ドライバーの注意力が低下するのを防ぐと同時に、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます
自動運転ではドライバーは常に積極的に車を運転する必要がなくなるため、よりリラックスした体勢をとることができます。さらに、危険な状況下では、システムがシートの位置を調整することで乗員を安全な座位に導き、衝突時に乗員を最適に保護することができます。

ドライバーのステアリング操作に基づく眠気検知機能
ドライバーのステアリング操作は眠気が始まる指標となります。ドライバーの眠気検知は操舵角センサーからの情報をもとに、走行中のドライバーの操舵行動を分析するアルゴリズムに基づいています。長時間の走行による変化を認識することで、ドライバーの疲労度を把握することができます。ドライバーが気づかないような小さな操舵動作の変化であっても、典型的な集中力の低下のサインになるのです。これらの変化の頻度と、走行距離、方向指示器の使用、時間帯などのパラメータをもとに、ドライバーの疲労度を算出し、一定の値を超えるとインストルメントパネルにコーヒーカップなどのアイコンを点滅させ、ドライバーに休息を促します。

ドライバーの眠気検知機能はすでに何年も前から市場で成功しています。操舵角センサー以外の追加センサーを必要としない純粋なソフトウェアソリューションのため、既存の車両プラットフォームに簡単に組み込むことができます。この機能は新たな法的要件を満たすのに適しています。

車室内モニタリングシステム

共有オプション: