メインコンテンツにスキップ
日本のボッシュ・グループ

CVT4EV: EV用CVT

CVT4EV: EV用CVT

CVT4EV: EV用CVT (1)

* バッテリーコンパクト化、航続距離の延長
* 牽引時やオフロード走行時のトルクアップ
* 優れた加速と最高速度の向上に貢献
* EVの快適性を損なわないスムーズな変速

Boschは、EV用に専用設計したプッシュベルト方式の無段変速機であるCVT4EVを提案します。

CVT4EVはその専用設計によって、効率アップ、牽引モードでのトルクアップ、良好な加速や最高速度などを可能にします。トルク段差のない無段変速によりEV走行特有の滑らかさは維持されます。CVT4EVは変速比に幅を持たせることで効率とパフォーマンスのベストバランスを可能にします。このシステムでは電動機の回転数とトルクのコントロールにおいて、車両速度と駆動トルクの制約を受けることはありません。低速域ではLOWレシオが加速と登坂性能を、高速域ではTOPレシオが効率と最高速度を向上させます。LOW レシオを効率よりもトルクアップに大きく振ることによって牽引やオフロード走行に対応することも可能です。CVT4EVは多様な走行モードを実現する事が可能です。CVTを採用することによって、EVの走行モードをフレキシブルに設定することができ、多様な市場ニーズに適したEVラインアップの設定も可能となります。

このシステムは、常時、最も電動パワートレインの効率が良い点で動作するようCVTをコントロールします。電動機の最高トルクと最高回転数の要求が緩和されるため、より安価でコンパクトな電動機を採用することが可能になり、且つ、同じまたは今までよりも優れたパフォーマンスを実現できます。

または、電動機のコンパクト化をせずこのシステムを使用の場合は航続距離を延ばすことも可能です。 バッテリー容量と航続距離のバランスにおいて、フレキシブルな選択を取ることも可能になります。

EV用CVT
EV用CVT

CVT4EV: EV用CVT (2)

CVT4EVはたった1つのデザインで中型車、スポーツカーから小型商用車までの様々なアプリケーションに対応できるパワートレインです。輸送トラック、シティバス、シャトルバスなどの場合、最大積載時での急斜面登坂、及び短時間での高速巡航速度への到達などの要求が想定されており、それらの用途にこのCVT4EVは適しております。また、同使用条件下において最大で10%のエネルギー消費量を削減することが可能となります。急斜面登坂路でのスムーズな発進に加え、トルク段差のない高次元な快適性が実現されるため、エネルギーの消費量の削減による電動機、インバータ、バッテリーのコンパクト化やトータルコスト(TCO)の低減の可能性も提供します。これらの効果は、先述通り、旅客や貨物の商業輸送において有効です。また別の用途を想定した場合では、四輪駆動車やスポーツカーなどの普通車では要求されないより過酷な走りを期待されるセグメントに対してもメリットをもたらします。それらのセグメントにおいて、CVT4EVはドラッグロスを大幅に減少しエネルギー消費を最大5%改善すると同時に、最大で50%の加速性能向上が期待できます。

このソリューションはCVT4EVモジュール、インバータ、電動機、最終減速機構から成り、最終減速比とソフトウェアの適合によって、ハードウェアのバリエーションは各種セグメントや車両タイプに対してもコンポーネントの共通化を可能にします。またこれによって開発・製造コストの低減も可能です。

CVT4EV: EV用CVT
CVT4EV: EV用CVT

CVT4EV: EV用CVT (*英語音声のみ)

カタログ

CVT4EV: EV用CVT

CVT4EV: EV用CVT

【英語版のみ】Boschは、EV用に専用設計したプッシュベルト方式の無段変速機であるCVT4EVを提案します。CVT4EVはその専用設計によって、効率アップ、牽引モードでのトルクアップ、良好な加速や最高速度などを可能にします。トルク段差のない無段変速によりEV走行特有の滑らかさは維持されます。CVT4EVは変速比に幅を持たせることで効率とパフォーマンスのベストバランスを可能にします。

共有オプション: