文化・国籍の違いを生かす為の取り組み

ボッシュは、世界中で企業活動を行うグローバルな企業です。
ボッシュ(株)もそのグローバルネットワークの一員として、事業を行っています。
そのような環境では、文化・国籍の違いを知り、生かして働くことが必要不可欠で、従業員がこれら環境で能力を生かせるよう支援しています。

国際的な労働環境

ボッシュ(株)では、30カ国の国籍の従業員が働いています。(2018年7月16日現在)

日々の業務でも文化・国籍の違いを肌で感じる事が可能な環境です。

多国籍の従業員を受け入れていると同時に、また、日本から海外の拠点へ赴任の機会もあります。

  • 国際的な労働環境

トップダウンによる"International Diversity"の促進活動

ボッシュ(株)では、各事業部・部門の役員が横断的にチームを形成し、経営課題に対して活動を行っています。

その活動テーマの1つとして、"International diversity"をテーマに活動するチームがあります。

ボッシュ(株)で働く外国人社員が更に活躍出来る環境を整える為、活動を展開しています。

「文化・国籍の違い」を生かす為に - 従業員の能力開発

ボッシュで働く従業員にとって、文化や国籍の異なる従業員との協業は必要不可欠です。

一人ひとりが、その違いを強味として生かす為には、専門的な知識やスキルが必要です。

ボッシュでは長期に渡り、"異文化対応能力"を重要な従業員の能力として定め、従業員に研修を提供しています。

  • 「文化・国籍の違い」を生かす為に - 従業員の能力開発

共有オプション:

メールでのお問い合わせ