Icon--AD-black-48x48Icon--address-consumer-data-black-48x48Icon--appointment-black-48x48Icon--back-left-black-48x48Icon--calendar-black-48x48Icon--Checkbox-checkIcon--clock-black-48x48Icon--close-black-48x48Icon--compare-black-48x48Icon--confirmation-black-48x48Icon--dealer-details-black-48x48Icon--delete-black-48x48Icon--delivery-black-48x48Icon--down-black-48x48Icon--download-black-48x48Ic-OverlayAlertIcon--externallink-black-48x48Icon-Filledforward-right_adjustedIcon--grid-view-black-48x48Icon--info-i-black-48x48Icon--Less-minimize-black-48x48Icon-FilledIcon--List-Check-blackIcon--List-Cross-blackIcon--list-view-mobile-black-48x48Icon--list-view-black-48x48Icon--More-Maximize-black-48x48Icon--my-product-black-48x48Icon--newsletter-black-48x48Icon--payment-black-48x48Icon--print-black-48x48Icon--promotion-black-48x48Icon--registration-black-48x48Icon--Reset-black-48x48share-circle1Icon--share-black-48x48Icon--shopping-cart-black-48x48Icon--start-play-black-48x48Icon--store-locator-black-48x48Ic-OverlayAlertIcon--summary-black-48x48tumblrIcon-FilledvineIc-OverlayAlertwhishlist
ボッシュ株式会社

沿革

ボッシュは、1911年(明治44年)に日本で事業を開始し、それ以来、コーポレートスローガンである「Invented for life」を体現する革新的なソリューションを提供し、 日本社会の生活の質の向上に取り組んでいます。

ボッシュ株式会社 沿革
ボッシュ株式会社 沿革
1939年7月
前年8月にボッシュ社(ドイツ)と仮調印された「陸上車輌・航空機・船舶並定置機関ニ対スルヂーゼルエンヂン附属品ノ製造及販売」に関する技術援助契約が効力発生(日本政府認可)。7月18日、設立総会開催。7月20日、登記完了。
ボッシュ株式会社 沿革
1940年5月
東松山工場(埼玉県)操業開始
ボッシュ株式会社 沿革
1955年8月
自動車用制動倍力装置を分離し、自動車機器(株)(1999年10月にボッシュ ブレーキ システム(株)へ統合)を設立
ボッシュ株式会社 沿革
1973年6月
日産自動車(株)、ボッシュ社、ヂーゼル機器(株)の均等出資により、合弁会社 日本電子機器(株)(2004年10月に(株)日立製作所に吸収合併)を設立
ボッシュ株式会社 沿革
1984年6月
日本におけるアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)の生産を目的に、ボッシュ社と日本エヤーブレーキ(株)(1992年に(株)ナブコへ社名変更、現:ナブテスコ(株))との合弁会社 日本エービーエス(株)が設立
ボッシュ株式会社 沿革
1990年7月
ヂーゼル機器(株)から(株)ゼクセルへ社名変更
ボッシュ株式会社 沿革
1992年10月
ボッシュ社と(株)ゼクセルの均等出資により、合弁会社 アスコ(株) (2000年10月にボッシュ エレクトロニクス(株)へ社名変更)を設立
ボッシュ株式会社 沿革
1997年8月
ボッシュ社と資本提携強化、ボッシュが(株)ゼクセルの筆頭株主(出資比率13.9%から30.1%へ)になる
ボッシュ株式会社 沿革
1999年4月
ボッシュ・グループの(株)ゼクセルへの出資率が50.04%になる
ボッシュ株式会社 沿革
1999年10月
自動車機器(株)、日本エービーエス(株)、(株)ナブコの乗用車用ブレーキ関連事業をボッシュ・グループがまとめる形で、ボッシュ ブレーキ システム(株)が設立
ボッシュ株式会社 沿革
2000年3月
(株)ゼクセルのカーエアコン事業を(株)玉製作所(同年4月に(株)ゼクセル空調へ、8月に(株)ゼクセル ヴァレオ クライメート コントロールへ社名変更)に営業譲渡
ボッシュ株式会社 沿革
2000年7月
(株)ゼクセルから(株)ボッシュ オートモーティブ システムへ社名変更
ボッシュ株式会社 沿革
2000年10月
アスコ(株)からボッシュ エレクトロニクス(株)へ社名変更
ボッシュ株式会社 沿革
2001年1月
ボッシュ ブレーキ システム(株)が (株)ジェーケーシー トラック ブレーキシステムズ(現:クノールブレムゼ商用車システムジャパン(株))にエアブレーキ事業を譲渡
ボッシュ株式会社 沿革
2001年7月
ボッシュ ブレーキ システム(株)がユニシア ジェーケーシー ステアリングシステム(株)にパワーステアリング事業を譲渡
ボッシュ株式会社 沿革
2001年8月
ボッシュ社への第三者割当実施により、(株)ボッシュ オートモーティブ システムへのボッシュ・グループの出資比率が55.5%になる
ボッシュ株式会社 沿革
2001年9月
ボッシュ ブレーキ システム(株)がクノールブレムゼ商用車システムジャパン(株)にエキゾーストブレーキバルブ事業を譲渡
ボッシュ株式会社 沿革
2002年7月
(株)ボッシュ オートモーティブ システム、ボッシュ ブレーキ システム(株)とボッシュ エレクトロニクス(株)が、(株)ボッシュ オートモーティブ システムを存続会社とする形で合併
ボッシュ株式会社 沿革
2002年7月
アイシン・エィ・ダブリュ(株)とロバート ボッシュ GmbH、(株)ボッシュ オートモーティブ システムがCVT用金属ベルトの生産会社(株)シーヴイテックを合弁で設立
ボッシュ株式会社 沿革
2003年8月
トルセン事業ならびに(株)ゼクセルトルセンおよびゼクセルベルギーホールディングエスエイの株式を豊田工機株式会社に譲渡
ボッシュ株式会社 沿革
2003年12月
(株)ゼクセル ヴァレオ クライメート コントロールの発行済株式総数の10%をヴァレオ・クリマッティゼーションに譲渡し、株式会社ゼクセル ヴァレオ クライメート コントロールは連結対象子会社から持分法適用関連会社に変更となる
ボッシュ株式会社 沿革
2005年4月
(株)ゼクセル ヴァレオ クライメート コントロールとヴァレオ ゼクセル チャイナ クライメート コントロール エスエイの株式を売却
ボッシュ株式会社 沿革
2005年7月
7月1日付で、ボッシュ(株)と(株)ボッシュ オートモーティブ システムが 、(株)ボッシュ オートモーティブ システムを存続会社とする吸収合併方式で合併。同時に、新会社の社名を「ボッシュ(株)」へ変更
ボッシュ株式会社 沿革
2006年11月
日本のカーメーカーのエンジニアリングサービスの需要増加に対応するために、ボッシュ(株)の100%出資子会社、ボッシュエンジニアリングサービス(株)(2008年9月にボッシュエンジニアリング(株)へ社名変更)を設立
ボッシュ株式会社 沿革
2007年2月
ボッシュの Telex Communications Holding, Inc.(米国)買収(2006年9月)に伴い、100%出資子会社(株)イーブイアイオーディオジャパンにボッシュ(株)のセキュリティ・システム事業を移管
ボッシュ株式会社 沿革
2008年9月
ボッシュエンジニアリングサービス(株)がボッシュエンジニアリング(株)に社名変更
ボッシュ株式会社 沿革
2008年10月
ボッシュ(株)が、ボッシュ・グループの100%出資子会社となる
ボッシュ株式会社 沿革
2009年10月
テクニカルセンター女満別の事務所棟と自動車整備工場を拡張
ボッシュ株式会社 沿革
2010年6月
ボッシュ(株)の横浜の研究開発拠点である横浜事務所を拡張。
ボッシュ株式会社 沿革
2015年3月
二輪車向け事業を独立させた事業部門モーターサイクル&パワースポーツを新設し、本部を横浜に設置
ボッシュ株式会社 沿革
2016年8月
志木事務所にボッシュサービスソリューションズ(株)をオープン
ボッシュeCall(緊急通報)サービスを提供開始
ボッシュ株式会社 沿革
2016年9月
日本で自動運転の公道試験を開始

※2017年6月現在

共有オプション:

お問い合わせ